床の手入れ方法に悩んでいる人へ

自宅の床をいつまでも綺麗に使いたい・なるべく手入れにかける手間を省きたいと考えている人はフロアコーティングという方法を試してみましょう。フロアコーティングをすることで、傷が付きにくく汚れにくい床にすることができると言われています。しかし、フロアコーティングには様々な種類があるため初めて業者に依頼するという人たちは、フローリングに使うコーティング材の種類や、効果の違いなどを調べてみましょう。

種類によって効果が違う?「コーティング材の違いを比較」

UVコーティング

コーティング材の種類の中でも比較的価格が高い種類と言われていますが、総合的な効果を得ることができるため生活ダメージによるフローリングの汚れや傷を防ぎたいという人達には最適でしょう。UVコーティングは、透明度の高い樹脂膜を作り床を保護します。この種類のコーティング材は、摩擦に強い・水分に強い・薬品類にも強いと言われているためキッチンなどの水回り部分に使用することもあります。ガラスコーティングよりはコストがかかってしまうでしょう。

ガラスコーティング

UVコーティングに比べると比較的低コストで施工を依頼することがきると言われています。硬度が高く薄い膜で床を保護するため、光沢感を抑えることもできます。またガラスコーティングも傷がつきにくく、目立ちにくいという特徴があルためフロアコーティングの費用を抑えたいという人たちには最適な方法でしょう。しかし、塩素系の洗剤に弱いという特性があるためキッチン周りなどには不向きの種類と言われています。

ピカピカの床にする方法!フロアコーティングで艶を取り戻す

室内

フロアコーティングをする理由

家を購入し、フローリングコーティングをするべきか悩んでいる・・・という人はフローリングコーティングの必要性を調べてみましょう。どんな人がどんな目的でフロアコーティング業者に依頼をするのかがわかれば、自分達に必要なものかどうかを判断することができるかもしれません。そんなフローリングコーティングは主に、新居を購入するときや引越しをする前に依頼するべきと言われています。その理由は、一度入居してしまうと、家具などを動かす手間が発生したりコーティング材を乾かしている間は部屋を使うことができなかったりするという事が主な原因でしょう。その他にも、入居前にフロアコーティングをする理由があります。それは、引越し作業中の作業で床を傷つけないようにする為です。家具などの荷物を移動するさいに傷がついてしまうと、その部分だけ傷が目立ってしまう可能性がある為、そういったトラブルを避けるためにもフロアコーティングは必要と言われています。なるべく綺麗な状態の床をキープしたいと考えている人は、使用する場所や目的に合わせてコーティング材を選んでみましょう。

コーティング材の選び方

コーティング材には、様々な種類があります。そのため、どういった効果を求める・どのぐらいの予算にするかで選び方が異なってくるでしょう。例えば
・総合的な効果のあるコーティング材にするならUVコーティング
・薄膜で硬度の高いタイプを選ぶならガラスコーティング
・滑りにくいなどの安全面を優先するならシリコンコーティング
・摩擦性が高く傷がつきにくいタイプが良いという場合はウレタンコーティング
などが良いと言われています。コーティング材の種類によって効果や耐久性・耐用年数などが異なるため、ランニングコストなどを考えつつ選んだ方が良いと言われています。また、床の光沢度なども異なってしまうため細かい部分も調べてから選びたいという人は、フロアコーティングを行なっている業者に相談し、サンプルを見せてもらいましょう。実際にコーティング材を貼付したフローリングのサンプルをみることで、大まかなイメージをもつことができるかもしれません。

私達がフロアコーティングをした理由〜コーティング材を選ぶ時にみたポイント〜

傷のつきにくい床にしたかったの(40代:女性)

昔住んでいた賃貸物件の床が傷だらけで、どんなに磨いても傷が目立っていたの。だから、新居を建てるってときに直ぐフロアコーティングもお願いしたわ。コーティング材の種類を選ぶ時は、傷がつきにくい物種類を業者に教えてもらって選んだわね。

汚れにくい床にするため(50代:男性)

老朽化が進んでいたから、思い切って住宅リフォームをしたんだよ。そのときに、床も綺麗にコーティングしてもらったよ。リフォームする前の床はシミとか汚れがこびりついてて汚いなって感じてしまったからね。だから、汚れにくいタイプにしたんだ。

子供と姑が転ばないように(20代:女性)

子供が生まれたから、そのタイミングで新居に引っ越したの。そのとき、姑も一緒に同棲することになったからフローリング部分で滑って転ばないようにフロアコーティングを依頼したの。コーティング材を選ぶ時は、小さな子供もいるから滑りにくく子供にも安全な物にしたんだ。

ワックスがけの手間を省きたかったんだ(60代:男性)

半年に一回は、床を綺麗にするため息子と一緒にワックスかけをしていたんだが息子が転勤することになってしまってフロアコーティングをしようかなって思ったんだ。一人でワックスかけるのは重労働だからね。選ぶ時は、コスパを重視したかな。妻に怒られちゃうからね(笑)

広告募集中