模型を持った男性

中古マンションを購入してリノベーション|地域計画の一環

販売数1位の住宅メーカー

私服の男性

木造でも地震に強い家を

国内では数年置きに全国のどこかで大きな地震が発生しています。いつどこで地震に襲われるかわからないのが日本という国なのです。これから家を建てる際にも耐震性は重要なポイントとなります。建築基準法で定められた耐震基準を満たしていても、想定外の揺れに見舞われた場合は家が倒壊または半壊することがあるのです。特に木造住宅の場合は、全般に鉄骨住宅よりも地震に弱いと言われています。住宅の耐震性に関する技術は年々向上しており、古い木造住宅ほど同じ揺れでもダメージを多く受けます。その点で積水ハウスは木造住宅にも鉄骨住宅に負けない耐震性を追求しています。積水ハウスは40年以上の歴史を持つ老舗の住宅メーカーです。販売数は住宅メーカー中でも1位の実績を誇り、常に住宅業界トップを走り続けてきました。その実績に裏付けされた家造りには高い評判を得ています。鉄骨住宅や集合住宅の建築も多く手がける中、木造住宅にも独自開発の木造軸組工法を採用して安全な住まいを目指しているのです。積水ハウスの木造住宅は3階建でも強度の点で評判が高く、強い揺れにも耐えられます。耐震性と快適性を両立させることに成功しているのです。

省エネ住宅の家計節約術

念願のマイホームを手に入れて快適な生活を実現させた後は、住宅ローンの返済も悩みの種となります。家計を少しでも節約するためには、冷暖房費をできるだけ少なくすることも大切です。積水ハウスの家はその点でもいろいろと工夫されています。評判の高い省エネ住宅とは、高性能の断熱材や複層ガラス・二重サッシといった技術が使われているものです。積水ハウスの鉄骨住宅には断熱材にグラスウールが、木造住宅にはポリエチレンフォームやロックウールが入っています。すべての住宅に断熱効果の高い複層ガラスを標準仕様として採用している点も光ります。太陽光と燃料電池のダブル発電を備えた住宅を選べる点も積水ハウスの強みです。自宅に発電設備を持っていると、電気代が節約になるだけでなくさまざまなメリットが享受できるのです。災害時に発生する停電への備えにもなり、暮らしの安心感が増します。こうした省エネ住宅は、国が定める認定長期優良住宅や認定低炭素住宅の対象です。いずれも住宅ローン減税を受けられる他、金利の面でも優遇されます。こうした住宅を提供し続けているために、積水ハウスは業界ナンバーワンの評判を維持し続けているのです。