スイッチが壊れた時の対処法!専門業者に修理を依頼

スイッチの修理はプロにお任せ!正しい知識と技術だから修理も安心

どんな種類のスイッチが人気なのか知っておこう

スイッチといっても、玄関ドアのように様々な種類があります。そのため修理を予定している人は、どのタイプのスイッチが人気を集めているのか調べておきましょう。

目にすることの多いスイッチの種類ランキング

no.1

片切スイッチ

一般的な家庭によくあるタイプのスイッチで、一つの場所でオンオフを操作することができるため人気を集めています。

no.2

プルスイッチ

和室のある家に多いと言われているタイプのスイッチです。紐を引くことでオンオフを調整することができます。

no.3

ワイドスイッチー

片切スイッチを大きくした感じのスイッチです。一般的な片切スイッチよりも押しやすいため、子供がいる家庭で注目されていると言われています。

no.4

タイマースイッチ

防犯対策にチカラを入れている家庭で人気のスイッチと言われています。時間設定をすることで自動的に、スイッチを切り替えることができます。

no.5

人感センサースイッチ

人などに反応するスイッチで、玄関で主に使われているタイプです。このスイッチも防犯対策に役立てることができるため注目されています。

スイッチが壊れた時の対処法!専門業者に修理を依頼

コンセント

スイッチやコンセントのトラブルは業者に相談

スイッチの修理や、コンセントの交換は専門的な知識のある業者に依頼するようにしましょう。簡単な作業と思われる人が多いと言われていますが、修理方法や交換方法を間違ってしまうとトラブルや事故の原因になってしまうため注意が必要です。

業者を選ぶ時は依頼しやすい場所を選ぶ

修理や交換の依頼をする時は、なるべく依頼しやすい業者を選びましょう。平日しか利用できない業者や、営業時間が決まっている業者は人によっては依頼しにくい業者と言われています。そのため、選ぶなら24時間365日相談できる業者の方が利用しやすいでしょう。

自分で修理してはいけない理由

コンセントやスイッチの修理・交換は、電気に関する作業内容です。そのため、あまり知識のなり素人が簡単に挑戦してしまうと、感電やショートなどの事故が発生してしまう可能性があります。そういったトラブルを防ぐため、プロに任せた方がいいと言われているのです。

コンセントから火花が出る原因

大きな電流が流れたため

コンセントに差し込んだ瞬間に火花が出てしまうのは、大きな電流が流れてしまうことが理由と言われています。

スイッチを入れたままの状態で放置している

コンセントだけではなく、電化製品にも突然大きな電流が流れてしまうため火花が出てしまうことがあります。

ゴミが付着している

電気を通すゴミがコンセント付近に付着していると、火花が出やすいと言われてます。これは、火事の原因にもなるため注意しましょう。

広告募集中